2013年2月 のアーカイブ

古野 勢兒  作陶展

2013年2月27日 水曜日

  2月27日 (水) ~ 3月5日 (火) まで JR 大阪三越伊勢丹 6階 美術画廊で開催します。DSCN4951

                26日 (火)に搬入しました。DSCN4908

 勢兒さんの奥さん ( 真由美さん )も作品を綺麗に磨いて皆様のお越しをお待ちしております。DSCN4913

 赤と黒、2種類の鉄釉のコントラストを是非、ご高覧下さいませ。 沢山の御来場、心から御待ち申し上げます。DSCN4927

焼き上がり

2013年2月26日 火曜日

  先日、阪南で釉掛けした飯室さんの作品を紹介します。 (御本人さん未だ見ておりませんが、アップさせて頂きます) 菊の黄色が鮮やかにでました。DSCN4896

この作品は、糸抜きをしました。上手くぬけておりますが、次回はもう少し丁寧さを追及してほしいと思いました。DSCN4897

    大きくて迫力があります。 最後に掛けた灰が遠慮気味でした。 DSCN4898

 

仕上げ

2013年2月24日 日曜日

imageimage今日は先週作った、ガラスの形の仕上げ作業。
削りをしてから取ってもつけて完成です。
なかなかいいバランスになったのではないでしょうか。

夜桜

2013年2月24日 日曜日

13616547603931

13616547527530

以前に(大活躍の道具)で載せました作品の続きです。

作品の表面を綺麗に削り仕上げた後、白化粧土で桜の花を絵付けされました。

焼上がりは、夜桜のイメージです。

桜の季節にはまだ早いですが、この作品が焼上がりまして、春を感じられれば少しは寒さも和らぐかな?

蓋物

2013年2月20日 水曜日

今までにも、いくつかの蓋物を作られていましたが、

今度は、少し違う形の蓋物です。

IMG_3069
IMG_4343
IMG_6702

釉掛け

2013年2月19日 火曜日

13612364863731
13612367779122

毎週月曜日は釉薬掛け、窯づめの日ですが、和歌山の会員さんがご自身でで作られた作品に釉薬を掛けに来られました。

今回は二度目のコンプレッサーでの釉掛けしたので、前回よりも手慣れたご様子で、微妙な釉薬の吹き付け加減も良い雰囲気に掛けることが出来たと思います。

ご自身で釉掛けをチャレンジした作品は焼上がりがさらに楽しみでしょうね。

ガラスの形

2013年2月17日 日曜日

image今日はガラスの形に挑戦。
ガラスの花瓶持参の小猿さん、
難しいなぁといいながら一生懸命です。
imageもう一つガレのガラスの形にも挑戦。
ガラスの曲線も参考になりますね。
バランスが難しい!

2013年2月16日 土曜日

  第55回 大阪工芸展が、アジア太平洋トレードセンターATC    ITM棟 10階 デザインギャラーに於きまして16 (土) ~ 21 (木) 午前10時 ~ 午後6時 (最終日は午後3時) まで開催しております。工芸部門とクラフト部門に分かれており、チャリティーコーナーも併設してます。
 入選された会員様、おめでとうございます。スタッフ 多賀井は、受賞しております。是非、見に行ってくださいませ。 DSCN4876

コースターで

2013年2月13日 水曜日

コースターの模様を使って、小鉢を制作。
IMG_1550
型どってから発泡スチロールの型にかぶせて、三つ足をつけて完成。
IMG_3240
赤、黒、白と3種類の土です。
IMG_1802

  釉掛

2013年2月11日 月曜日

DSCN4768

DSCN4789
  土曜日に四君子の絵付けをして本日、飯室さんが、阪南工房へ釉掛に来られました。いっきに三作品を施釉、 いい作品にあがりますよう  期待しております。 
  お疲れ様でした。

130211_111538